甲斐レジスタンスとは of 甲斐レジスタンス

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


甲斐レジスタンスは舞台を中心とした山梨を楽しくする活動を目指します。

HOME > 甲斐レジスタンスとは 甲斐レジスタンスFacebook甲斐レジスタンスTwitter

甲斐レジスタンスは、山梨にこだわり音楽を作り続ける”風カヲル時”と、県外から来た上方落語家”三枝亭二郎”がジャンルの枠を越えてタッグを組み、さらに地域おこしを中心とした活動をするNPO法人Hope笛吹の代表である神宮司と協力メンバーが加わり「甲斐レジスタンス実行委員」を発足。
オーディションにより地元役者を募集選定。甲州弁にこだわった芝居と音楽と落語が一体となった、かつてない舞台を作り上げる。
原案は落語家桂三枝あらため六代桂文枝の創作落語「大阪レジスタンス」。
甲州弁監修協力に五緒川津平太さんを迎え、細部にまでこだわった本格的な舞台をお届けします。

ストーリー

時は近未来。
日本政府は言語統一令を出し、各地方の方言を使用することを禁じ、禁を破った者は強制収容所に共通語を話せるまで隔離した。
特に方言のきつい地域には言語警察隊が配備され、厳しい取り締まりが行われている。
そんな生活に嫌気がさした甲斐の国の人々は政府に反抗するためのレジスタンスを秘密裏に結成!
政府に戦いを挑んでいくのである。
自分達が普段何気に使っている言葉が使えなくなったら?
言語や文化が奪われたら?
甲州人のプライドとは?
驚きと笑いと感動の展開は最後まで目が離せないストーリです。

富士の国やまなし国民文化祭

平成25年に山梨県において開催される
「富士の国やまなし国民文化祭」の事業として認定。

国民文化祭は、毎年、各都道府県持ち回りにより、文化活動を全国規模で発表する機会を提供するとともに、国民への文化活動への参加意欲を喚起し、また、各地の文化の発信を行う日本最大の文化の祭典です。

甲斐レジスタンスの舞台.
語り部・演者・生演奏
山梨県民の、山梨県民による、みんなが楽しむための舞台を目指します。

舞台の背景を語るのは三枝亭二郎。
上方落語の軽妙な口調に乗って舞台は展開する。

舞台を華やかに演出する音楽は山梨を拠点に活動する「風カヲル時」。
挿入曲、BGMを生演奏で入れて舞台を盛り上げます。

舞台中央で演じる役者はオーディションにより選ばれた甲州人。
ネイティブな甲州弁で演じられる役は、なかなか濃いキャラが勢揃いです。

全てがライブで行われる舞台は観客との一体感が楽しめるはずです。

みんなのアイディアを、みんなでデザイン。
とても身近なところにある自分たちの明るく楽しい未来をデザインすることが、この甲斐レジスタンスの目的です。

言葉と地域の文化。
これをあらためて見直して大切に考えることが、歴史と文化の継承につながります。
この甲斐レジスタンスという創作落語舞台を全国に発信して、日本各地でその土地の言葉と文化をオリジナル舞台にしていきたいと考えています。

甲斐レジスタンスは、多くの人の心に馴染む道具でありたい。
小さくはじめて育てていくこと。
動くたびに発見がある。動くたびに面白くなる。
県民総参加型の新企画。

甲斐レジスタンスは、そのノウハウを惜しみなく提供します。
そして日本各地で地元の役者、地元のスタッフ、地元のみんなが集まって、皆で地域を盛り上げる。
私たち甲斐レジスタンスの活動が、そんな気運を作る一助になれることを願っています。